失敗するとどうなるか

歯科医の技量、患者の体調などの条件によって、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根、もしくは、上部体(義歯)が脱け落ちる、壊れてしまうといったインプラント本体の損傷、細菌感染やアレルギーなどの理由で、あごや頬の痛み、腫れが起きるという問題、さらにあごのラインや歯並びに変化が起きるという外見が損なわれる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、歯科医はよく考えて決めてください。
手術によってインプラントを埋め込んだ後は手術箇所が落ち着くように、安静に生活するよう気をつけてください。
日常生活には極端な制限はありませんが、明らかに負荷がかかるレベルの運動は避けた方が良いです。
傷口に負担がかかるほか、血行が良くなって出血が増える可能性もあります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と確認しておけばベターです。
入れ歯や差し歯と比べても利点の多いインプラント。
ですが、便利な反面、留意すべき点もあるのです。
それは、誰にでも適用できる治療法ではないことです。
どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、歯周病などで既に顎の骨が浸食されている方なども、インプラントの利用が不可能と診断されることがあります。
この場合はインプラントを諦め、代替手段を探すことになります。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材から作られています。
インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。
その全額が自費になるのが普通です。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。
「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
差し歯は文字通り、歯に差し込むものです。
つまり、歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、差し歯は利用しようがないということです。
では、インプラントの場合はどうでしょうか。
インプラントは、インプラント体などと呼ばれる人工の歯根をアゴの骨の中に埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
自前の歯がなくなってしまい、差し歯が利用できない場合でも、顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラント治療の大きな問題は、費用がかさむことに尽きます。
保険適用されることはごくまれで、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって費用にはかなりの開きが出ますし、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることも事実です。
治療が終わっても、ずっと定期検診があることも念頭に置きましょう。
費用や手間の面から考えても、インプラント治療は他の治療が難しい患者さんに最適な治療方法になります。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。
入れ歯だと噛む力が十分得られないなどの理由でインプラント治療を選ぶしかない患者さんが多いでしょう。
インプラントは入れ歯に比べ、より自然な噛み心地を得られるため食感がしっかり伝わり、美味しく食べられるようになります。
新たな歯科医療の形として期待が持たれるインプラントですが、治療を受けるにあたって、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。
とはいえ、手術を担当する歯科医の技術や、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、絶対的なことは言えないのが実情であり、結局は人それぞれで異なると言うしかありません。
歯科で鎮痛剤の処方を受け、患部を冷やすなどの処置で痛みが引く場合が多いですが、それでも痛みが引かない場合や、痛みが強すぎる場合などは、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、日頃のケアと、定期的なメンテナンスによって自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。
とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないとインプラントの維持が難しくなってしまうということを忘れてはいけません。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保することを忘れないでください。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
まずは歯科医に全て話しておきましょう。
PR:歯のホワイトニングジェルは自宅では使えません