インプラントとクラウンの大きな違い

歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。
差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば上からすっぽりとクラウン治療が可能になります。
根元から歯を抜いたときの選択としては、まず考えられるのは入れ歯ですが、その他に失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
皆さんがインプラント治療をためらう原因といえば、何といっても費用の問題でしょう。
ほとんどのケースは保険適用外で、ほぼ全てが自由診療と考えて良いので、インプラントを何本埋め込むのかや、どんな材料を選ぶかによって一概に費用を決められませんし、歯科医院が技術料をどう見るかで思いの外費用は違ってきます。
そして、定期検診にも費用がかかってくるということも覚えておきましょう。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、人工歯根をあごの骨に埋め込んで、その上に義歯をかぶせる義歯と人工歯根のことです。
ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯の根元が骨に埋まっているので自分の歯と同じような強度があり、メンテナンスが十分であればかなり長く使えます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるのでその治療にはどうしてもお金がかかります。
無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、以前と比べて息のニオイが気になるという話も割と少なくないようです。
義歯なのに本物の歯より臭うの?とお思いの方もいるでしょう。
これには、義歯と歯茎の間に日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、それに加えて、インプラント周囲炎という歯周病に似た症状を発症している可能性も考えられます。
そのようなケースでは、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
これは、人工物を埋め込んで周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが多いです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、治療中に異変を感じたら速やかに歯科医の診断を受けることを忘れないでください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらう必要はずっと続きます。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが行き届かなくなると歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院する必要はまずありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は歯科とはいえ、入院の必要も出てきます。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、大がかりな手術を入院して受けることもあります。
このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
差し歯とインプラントはどう違うのでしょうか。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、差し歯は利用しようがないということです。
一方、インプラントは原理が全く異なります。
これは、あごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、その上に義歯を装着して固定するというものです。
自由診療になるので差し歯より高いですが、歯がなくなっていても義歯を作れるのが、インプラントの利点なのです。
インプラント手術の未経験者にとってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
どこの歯科医の手術でも、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
まずは人工歯根をあごの骨に埋め込みます。
あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまででこの間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
よく読まれてるサイト:ホワイトニングは効果的な方法で実感します